S.I.C. オーズ ガタキリバ

「ガ~タガタガタキリッバ♪ガタキリバ♪」
S.I.C. 仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボのレビューです。

SIC-gatakiriba-1

SIC-gatakiriba-2

  • 仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボ
    旧ブログにてタトバコンボのレビューをしたっきり、すっかり紹介してなかったS.I.C.オーズシリーズ。
    ですが再来月にいよいよ最後のコンボ、ラトラーターが発送されるため
    これを機に紹介していきたいと思い、まずはガタキリバをレビューいたします。捨ててしまったので箱画像はなしです。フィギュア本体の方はタトバコンボを素体に、頭部、腕部と新規造形。
    鮮やかな緑をベースにメタリック色で綺麗に彩られており
    緻密な造形も相まってデティール感を感じさせられます。
    バッタレッグの方は流用となりますがこちらの方も他部位に合わせ
    メタリックグリーンで塗装、同じ形でも単調さは全くありません。間接は丁度よい固さで特に緩みなどはありませんでした。

SIC-gatakiriba-3

SIC-gatakiriba-4

  • 背面
    プロポーションは太すぎず、細すぎず、しかしヒーロー体型でとても見栄えいいです。
    昆虫の棘を思わせるような鋭いエッジが所々にあります。

 

SIC-gatakiriba-5

 

 

  • 付属品
    交換用手首5種(右3、左2)
    交換用オーラングサークル
    交換用カマキリアーム
    交換用バッタレッグ
    セルメダル3種(クワガタ・カマキリ・バッタ)

 

SIC-gatakiriba-6

SIC-gatakiriba-7

 

  • 頭部
    オーズは元から総じてイケメンなのですが
    ガタキリバに至ってはS.I.C.で更に洗練されているように感じます。
    クラッシャーや角も所々角ばっておりメリハリが利いています。
    複眼のオレンジも発色よく仕上がっていますね。

SIC-gatakiriba-8

SIC-gatakiriba-9

顎の形状的に少しロボットっぽく見えるかも。いやかっこいいんですけどねw

SIC-gatakiriba-11

SIC-gatakiriba-12

 

  • 交換用クワガタヘッド(別売り・S.I.C.仮面ライダーオーズ サゴーゾコンボ付属)
    本品には付属しないのですが、同シリーズの仮面ライダーオーズ サゴーゾコンボ 付属の
    ガタキリバ用交換パーツも同時にご紹介。
    こちらはS.I.C.オーズシリーズの目玉である”能力解放形態”をイメージしたヘッドパーツになります。
    元来の頭部に比べて角が肥大化しているのがわかります。

SIC-gatakiriba-13

SIC-gatakiriba-10

角はクワガタの角を模しており、内側の棘も鋭角にしあがっています。
またクリアパーツで成型されているため立体感も段違いです。

後ほど紹介する腕、脚部の能力解放形態に劣らない迫力がありかっこええです。

実は元々の頭と色味は少し違うのですが、腕、脚部のメタリック色と
合わせられている為装着時の違和感は全くありませんでした。

SIC-gatakiriba-15

SIC-gatakiriba-16

 

  • カマキリアーム
    両腕の武器「カマキリソード」は
    取り外しは行えませんが、可動式となっています。
    劇中では手にもって戦う姿が見られていたため、
    それができないのは少し勿体ないですね。

 

SIC-gatakiriba-18

SIC-gatakiriba-19

 

  • 交換用オーラングサークル
    従来の一体成型のものに加え
    組み換え可能な三分割のクリア成形タイプも付属。身体の組み換えに合わせてこれらも交換することで
    亜種形態再現可能…ですが面倒なのでしていません(;´Д`)

SIC-gatakiriba-17

背面は特にギミックはありませんがラインはクリア成形。

SIC-gatakiriba-20

SIC-gatakiriba-21

 

  • オースキャナー、オーメダルネスト
    両者ともにタトバコンボと同じ仕様でした。
    ただスキャナーの固定がやや甘く基部ごとポロリすることがありました。

SIC-gatakiriba-22

SIC-gatakiriba-23

SIC-gatakiriba-24

SIC-gatakiriba-25

 

  • バッタレッグ
    先述のようにタトバコンボと造形は一緒。
    腕、頭部に合わせてメタリックグリーンに。

SIC-gatakiriba-26

SIC-gatakiriba-27

 

  • 交換用カマキリアーム
    下腕を差し替えることで能力解放状態の両腕に出来ます。
    カマキリソードがより大きくなり手首から直接生えたような刃に。
    切っ先、内側ともにとても鋭く成形されていて見ごたえあります。内側から外へかけて緑色のグラデーションがかかっており見事です。
    クリア成形になっているのでこちらも透かして見るとより立体感が強調され面白い。ただ手首は残念ながらこの平手一種。
    色味が違うので通常状態の手首を持ってくることも出来ません。

 

SIC-gatakiriba-28

 

 

通常の腕と比べてみても、刃の大きさがわかるかと思います。
下腕自体も虫の足を思わせるような棘やデティールがあり生々しい仕上がりに。

 

SIC-gatakiriba-29

SIC-gatakiriba-30

 

  • 交換用バッタレッグ
    こちらもタトバコンボ時と同じ造形のようです。
    通常のバッタレッグと違い塗装工程も見た感じ同一。相変わらず先端へのグラデーション塗装が気持ち悪くていいです笑

 

SIC-gatakiriba-37

SIC-gatakiriba-38

可動範囲も同じく、逆関節の節が少々癖のある可動に。
設置性は高いですがオーズ素体そのものが
股関節の可動域が狭くあまり広く開脚は出来ません。

 

 

SIC-gatakiriba-32

SIC-gatakiriba-35

  • 能力解放形態
    左が本品での携帯、右がサゴーゾコンボ付属の頭部を用いた状態です。
    最初は左側でも迫力満点だったんですが、今では少しボリューム不足に見えますね笑右側は大きく伸びた角が腕にも足にも負けないインパクトを放っています。
    また有機的な造形を頭部にも取り入れることでよりまとまった造形になっています。

SIC-gatakiriba-31

SIC-gatakiriba-36

 

大型化した角は前に飛び出す形になっている為
後ろからみるとちょっとわかりづらいですね。

関節の方はしっかりとしておりこのような形状にも
関わらずバランスさえ保てば自立には問題ないです。

SIC-gatakiriba-39

SIC-gatakiriba-40

  • セルメダル
    アップにすると雑に見えるかもしれませんが
    実際は米粒ぐらいの大きさなのですごく緻密な造形です。オーメダルネスト、別売りのタトバコンボ付属のメダジャリバーに装填可能。

 

SIC-gatakiriba-43 SIC-gatakiriba-44

 

  • タトバコンボと比較
    タトバのキメラ感も嫌いじゃないわ!と思っていましたが
    こうして虫系でまとめられた造形も統一感があり映えます。
    しかし今見るとタトバの首長いですね。後日改修しようかしら。

SIC-gatakiriba-33 SIC-gatakiriba-34

 

  • 能力解放形態での比較。
    背の高さは合わせられています。
    一見不安定に見えても、どちらも自立してくれるのは好印象。

 

SIC-gatakiriba-41 SIC-gatakiriba-42

 

  • 可動範囲
    上半身はよく動きます。特に首回りは基部と頭部側でBJの他、
    後者にはヒンジ可動が設けられており表情付けに非常に役立ってくれます。ただ下半身は開脚が苦手ですね。
    オーズシリーズ特有の弱点ですが、引き出し式などにしてしまうと
    かえって不安定になってしまいますからこの仕様で良かったと自分は思います。

 


 

 

「その力は今は小さくたって重なれば 止められないくらい 起こせExplosion」

 

 


 

 

 

SIC-gatakiriba-45 SIC-gatakiriba-46

「クワガタ!」

         「カマキリ!」

                  「バッタ!」

 

 

SIC-gatakiriba-47

 

「ガ~タガタガタキリッバ♪

            ガタキリバ♪」

 

コンボソング聞いた時はそりゃあもう笑いましたよ、、、
ここから先目が明るい写真がありますが全部加工ですので、ご了承ください。

 

SIC-gatakiriba-49

SIC-gatakiriba-48

 

出てきてもほぼ必殺技専門と、
あまりゆっくり戦う場面が見られなかったですが
構え姿もかっこよく決まります。

SIC-gatakiriba-51

SIC-gatakiriba-50

カマキリソードは手持ちは出来なくとも持ち方次第で
劇中のように見せることも出来なくはないです。

と、言いたいところですが実際本編でどうだったか覚えてないです(;´Д`)

SIC-gatakiriba-52

斬りつけるような動きも行えます。

 

SIC-gatakiriba-56

SIC-gatakiriba-55

 

手首は少なくとも、やっぱりこっちの方が迫力あってかっこいいです。

 

SIC-gatakiriba-53

SIC-gatakiriba-58

 

一部だけ解放するのもいいですね。
かなり厨二っぽいですがw

 

SIC-gatakiriba-54

 

頑張れば片足立ちも。かなり危ういですけどね。
ギルスヒールクロウに見えてきた、、、

 

SIC-gatakiriba-59
さっきのをもう一枚。
解放状態でもバリバリ動かせる、、、
S.I.C.の間接もここまで頑丈になってパパ嬉しいよ(´;ω;`)

ファイズやブレイドの頃なんてそりゃあ・・・

SIC-gatakiriba-57

能力解放で引き。
こんなクリーチャー来たらグリードでも逃げ出しそう、、、。

SIC-gatakiriba-60 SIC-gatakiriba-61
前回からwaveエフェクトさんにはお世話になってます。

SIC-gatakiriba-62

能力解放。
電気タイプなのでサンダーエフェクトとの相性もばっちり。

ただ使い勝手がよくわからずうまく配置できてません笑

 

SIC-gatakiriba-66

SIC-gatakiriba-63

カマキリソードに電撃を帯せるのもアリですね。

 

SIC-gatakiriba-64

SIC-gatakiriba-65

 

いやあもうほんと超かっけえです、、、
S.I.C.オーズ、まだレビューするものありますが
ガタキリバは中でシリーズ中 1、2を争うかっこよさに仕上がってると思ってます。

 

SIC-gatakiriba-67

 

ヘッド以外から電撃放てなさそうですが、せっかくなので。
この足だと相当破壊力ありそうですよね。
SIC-gatakiriba-68

「スキャニングチャージ!!」

 

SIC-gatakiriba-69

 

単身だけどガタキリバキック。

以上、S.I.C.仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボ レビューでした。
オーズシリーズはこの間にタジャドルを挟み、ガタキリバは3つ目ですが
前2つに合わせられ生物的なアレンジをかっこよく取り組んだ造形になっていました。

バッタレッグについては通常時では色味をかえ、解放時では他の部分を合わせることで
さらに魅力を増して見せてくれたりと、同一造形ながら単調さは全く感じませんでした。

顔もとても精悍な顔つきでどこから見てもかっこよく
ただ構えの姿勢をとらせるだけでもオーズの雄姿を感じることができます。

唯一残念だったのは、解放時のカマキリソードの手首が一種のみだったことです。
せめて握り拳があれば、ふんばって切り上げている様子などを表現出来たのになと感じましたね。

さてオーズシリーズはまだまだあるので、今後もゆっくり紹介できたらなと思います。
順番は気にしてないので何が来るかは自分もわかりません笑

---

商品名:S.I.C. 仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボ
作品名:仮面ライダーオーズ
発売年月:2013年3月
定価(税込):6300円
備考:魂ウェブ商店限定
評価:★★★★☆
かっこいいです。大満足。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です