S.I.C.仮面ライダーオーズ ラトラータコンボ

「ラトラタ~ラトラ~タ~♪」
S.I.C.オーズシリーズより最後のコンボ、ラトラーターが登場。

sic-ratorater-1

sic-ratorater-2

・パッケージ
箱はWEB限定品らしく中身の見えないタイプ。
今回黒背景を使っているのでかなり見づらく暗いところもありますがご容赦ください(;´Д`)

sic-ratorater-3
・付属品
交換用手首7種
交換用オーラングサークル
能力解放用パーツ(ライオンヘッド・トラアーム・チーターレッグ)一式

グレーカードどけるの忘れました。だが私は謝らない。

sic-ratorater-4

sic-ratorater-5

sic-ratorater-6

sic-ratorater-7

・仮面ライダーオーズ ラトラーターコンボ
オーズが獣系メダルで変身した姿。劇中ではタトバ、ガタキリバに続く第三のコンボとして
登場しましたが、本シリーズでは予想外のトリを飾ることになりました。

スタイリングに関してはこれまでのオーズシリーズ同様、力強くスタイリッシュな造形。
劇中スーツと同等、金や色味の違った黄を交えることで単調さを感じない色合いに。
トラアームもタトバ付属のものとは色が変わっているためまた違った印象を受けました。

sic-ratorater-8

sic-ratorater-9

・頭部
渋めの金色とクリアブルーのコントラストが良いです。
マスク部にはライオンのような鼻筋がありより獣らしいアレンジが加わっています。
よくみると髭のような溝もあり少し可愛い。

sic-ratorater-10

sic-ratorater-11

鬣は後方にも広がりをもっていてなかなかボリューミー。

sic-ratorater-12

sic-ratorater-13

・トラアーム
タトバの時は金色でしたが、今回は黄単色に。
トラクロ―はおなじみ展開可動できます。

sic-ratorater-14

sic-ratorater-19

・腰部
オーズドライバーにはライオン・トラ・チーターのメダル。
左右にはおなじみオースキャナーとオーメダルネスト。
お尻のデティールがトラっぽく見えるのは自分だけでしょうか(?)。

sic-ratorater-15

sic-ratorater-16

・脚部
俊足を誇るチーターレッグ。
鮮やかなイエローがスポーティに見せてくれています。
膝パットはカザリを思わせるような棘。
元のグリードの意匠をちらほら取り入れてくれているのが実に粋です。

sic-ratorater-17

sic-ratorater-18

足裏にはモールドは甘めですがOOOモールド。

sic-ratorater-20
タトバと。
トラアームの色味が違います。

sic-ratorater-23

sic-ratorater-24

sic-ratorater-25

sic-ratorater-26

・能力解放
頭部・両前腕・下半身を差し替えて能力解放版に。
もちろん一部のみの差し替えもできます。

これまで同様、モチーフとなる生物をとりこんだ形態。
一番目を引くのはやはり逆関節となった足でしょう。
大きな大腿部が特徴的です。

sic-ratorater-27

sic-ratorater-28

・頭部
ライオンヘッド解放時。
肩甲骨に届きそうなぐらい、鬣が増加。
後方はクリアパーツ成形。

sic-ratorater-29

sic-ratorater-30

鬣のクリアランスは確保されているので、見た目に反して上を向くことができます。

sic-ratorater-31

sic-ratorater-32

・腕部
前腕部を差し替えてトラアーム解放。
こちらは金色成型になり、凹凸が激しくより攻撃的に変わりました。
爪は固定ですが、手首で可動するため表情付けは出来ます。

 

sic-ratorater-33

sic-ratorater-34

・脚部
チーターレッグ解放版
逆関節となり獣らしさが向上。
ただ間接がちょっと緩めで、立たせるのに苦労しました。

チーターの柄をリベットのように表現しており面白いです。

sic-ratorater-35
なんと尻尾も生えています。
根元で軸回転できます。

sic-ratorater-38

足裏には肉球。

sic-ratorater-36

sic-ratorater-37

可動部が多く、足には豊かに表情付けできます。
ただ大きさゆえに開脚などは苦手です。

sic-ratorater-21

sic-ratorater-22

・交換用オーラングサークル セルメダル
亜種再現用の分割式オーラングサークルと
ライオン・トラ・チーターのセルメダルが付属。

sic-ratorater-39

こちらでもタトバと比較。
チーターレッグは高さはないので、ややこじんまりとしてます。

sic-ratorater-40

sic-ratorater-41

トラアームもタトバのそれとは形状がかわっており
爪の可動がないかわりに、手首に間接が追加されてます。

 

 

本物の強さとは自分のためだけじゃなく
誰にでも差し出せるその手 呼び覚ませ

 

sic-ratorater-63
sic-ratorater-56 sic-ratorater-57
ぐわっと開いた手が獣の爪を連想させよいです。

sic-ratorater-58
爪はやや小ぶりですね。

sic-ratorater-59

正統派ヒーローのような面構えがかっこいいです!!(語彙死亡)

sic-ratorater-62

光が反射してしまうので黒背景はやはり使いづらいです・・・。

sic-ratorater-44
能力解放。
一部だけでもいいんですが、てんこもりで!

sic-ratorater-46
sic-ratorater-47
大腿部が干渉してしまい開脚は苦手です。

sic-ratorater-49
上を向けることができ四つ這いでもある程度前をむけられます。

sic-ratorater-48

かっちょいいどん・・・。

sic-ratorater-51 sic-ratorater-52

後ろからのアングルもいいです。
足裏の密度があるので、迫力があります。

sic-ratorater-50

肉球見せ。

sic-ratorater-53

sic-ratorater-54
sic-ratorater-55

sic-ratorater-64

最後はTV登場コンボ集合で。

以上、S.I.C.仮面ライダーオーズ ラトラーターコンボ レビューでした!
タトバから始まったこのシリーズ3年半もの時をえてついに最後のコンボが出ました。
どれも個性的なアレンジ満載で、その一体一体に安藤さんの
ここはこうしたい という「欲望」が合間見えたようで触っていてとても楽しいフィギュア達でした。
現実世界のモチーフですので、それが明確に伝わってきて面白かった。

能力解放版なんて特にやりすぎなぐらいのオーズの「コンボの暴走」を表現しているように見え
フィギュアを通じてより深くオーズの世界観にのめりこむことができました。
素晴らしいアレンジの数々でした。
オーズはこれで終了でしょうが、次は鎧武が控えています。
これからのS.I.C.の出来栄えにも期待です!(といいつつ鎧武予約していない)

商品名:S.I.C. 仮面ライダーオーズ ラトラーターコンボ
作品名:仮面ライダーオーズ
発売年月:2016年3月
定価(税込):8100円
備考:魂ウェブ商店限定
評価:★★★★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です